なつねこメモ

主にプログラミング関連のメモ帳 ♪(✿╹ヮ╹)ノ

書いてあるコードは自己責任でご自由にどうぞ。記事本文の無断転載は禁止です。

2022/06/16

DLL インジェクションして任意の処理を差し込みたい 2

カテゴリー:WindowsC++

前回の記事の続きで、今回は任意の場所に、任意の処理を差し込んでみようと思います。
使うライブラリは Hooking.PatternsInjectors の改変版です。

使い方はカンタンで、うさみみハリケーンとかで任意のプログラムのメモリーをダンプし、該当する処理が書かれている部分のメモリパターンを、 Hooking.Patterns ライブラリーで検索します。
コードにするとこんな感じです:

auto pattern = hook::pattern("E8 84 BE 0D FF");
if (!pattern.count_hint(1).empty())
{
    auto address = pattern.get(0).get<std::uintptr_t>();
}

検索したら、 Injectors の改変版を使って、処理を書き換えます:

struct RewriteSomeAssembly
{
    void operator()(Injector::reg_pack& regs) const
    {
        // your code here...
    }
};

// (略)
{
    // 1 の部分は書き換える領域分だけ調節する
    Injector::MakeInline<RewriteSomeAssembly>(address, address + 1);
}

これで終わり。
これで任意の場所に任意の処理を差し込めました。おつかれさまでした。